シカゴの毛糸屋さん、Loopy

今日はちょっと違う毛糸屋さんに行ってきました.ここも前に数回行ったことがあるのですが、ちょっと足が遠のいていました。理由はあるんですけれどね.(笑)

季節的に毛糸屋さんが混む時期ではありませんから、ビッキーという女性、そしてスティーブンというかわいらしい、うら若き男の子(私から見たらね)もちょっと暇そう。前から気になっていた Madelinetosh laceがあったので,買おうかどうしようか迷ったあげく今回は見送り。すてきな毛糸があるので目が移るんです。

outside of loopty

お店を外から見たところ。見づらいかもしれませんが,グリーン系の毛糸が並んでいる場所は時期によって色のテーマがかわります。バレンタインデー近くは赤い毛糸でいっぱい。

電車の駅からちょっと歩きます。ちゃんと見ていないと見過ごしてしまいそうなショーウィンドーです。

inside of loopy 1

毛糸やもちろんパターン、ボタンが盛りだくさんに並んでいます

毛糸の種類はとっても多いし,ステキなのですが,なんていうのかなぁ、大きい会社の毛糸が多いんですよ。だから,ちょっと足が遠のきます。もう少しユニークな毛糸をたくさん扱っているお店が好きなんですが,わがままかもしれませんね。

inside of loopy

右に見えている八布の糸が気になりました。

八布の糸はいつもいつも気を引かれます。うーん,と言いながら悩んで物欲しげに見つめます。前に少し買ったような覚えがあるのですが、パターンを選んでいるうちにほかのものを編みはじめて、頭の片隅に追いやられてしまう,という日が続きます。

糸巻き機

これ、電動なんですよ.スイッチ一つであっという間でもないですが,ゆっくりと丁寧に毛糸がボールに巻かれていきます

Yarn Bar

Yarn Bar なんて言うとお酒が飲めそう?

あのね,これがすっごくおもしろかったんです。名前はおしゃれに「ヤーンバー」うーん,カタカナで書くとダメですね。アルファベットにしましょう。Yarn Bar。新作の糸などをいくつか巻いてそれぞれジュースグラスの中に入っています。それをお客さんが試しに編んでみて,どんな感じか経験できるんです。毛糸の色もきれいだし,針も色があるスチールの針を選んで使っているから見ているだけでも楽しい。私もいくつか試してきました。八布のスチールの糸がありました。うーん,これはごわごわした感触を楽しむのかしら? レーヨンの糸,ヘンプの糸など,個々の糸の特徴を見るだけではなくて触って,編んで感触を楽しめるのはいいですよ。これは,グッドアイデアですね。ヘンプは編んでいるときはごわごわして私のそろわない目が気になりましたが,ブロックするととても柔らかくなるそうです。これも,ちょっと気になる毛糸ですよね。

次回は,私が何を買ってしまったかを書きますね。あ〜,荷物を減らしているときなのに。買っちゃいけないのに。



ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

シカゴの毛糸屋さん、Loopy」への2件のフィードバック

  1. こちらで紹介されるアメリカの毛糸屋さんの記事、楽しく読んでいます。日本の毛糸屋さんとは趣が違いますもの。新しい糸を試し編みが出来る「ヤーン・バー」って楽しそう!Uguisumochiさんに出会うまでは毛糸の編み心地を気にしたことがなかったのですが、今はそういうのも編み物の楽しみの一つだと解ります。八布の糸、初めて聞きました!(心にメモしておこう)
    Uguisumochiさんがこちらのお店で何をお買い上げしたのか、そして次は何を編まれるのか?楽しみにしています~♪

    • こんにちは。いつも,コメント,本当にありがとうございます。がんばるぞー,という気になれます。
      八布の糸、もちろん,日本でも手に入るんですよね。ぜひ,いろいろリサーチしてみてください。すごく種類があって,私、驚きました。何か,わかったらまた教えてくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中