友人はいつまでも友人

高校時代の友人と昨日、ランチをしました。高校時代と言ったらいったいいつのことだったのでしょう? 細かい詮索はなしにして、お互い子育てもほとんど終わった者の、子どものこと、夫のこと、生活のことなどなど、とにかく話すことはつきません。

年に1度、仲が良い人たちに声をかけてこれる人だけが1泊で温泉に行くのだそうですが、私は予定が合わずに残念ですが、いけません。しかし、だんだんに、それぞれの家庭の事情、家計の様子などで、ちょっとした行き違い、不満、うらやみなどがでないわけではないようです。誰も見栄を張るつもりはないけれど、受け取る側にはそう取られる場合もありますしね。。。会費、場所など、ちょっと面倒くさいことに出会ったものの、彼女は持ち前の明るさ、そして強さで吹き飛ばす、いえ、ぶっとばしています。

彼女も昔はよく編み物をしていました。子供のセーター。とってもかわいいものを編んでいたんですよ。そういえば、私もスヌーピーの顔を編み込んで長男にセーターを編んだこともあったなぁ。遠い昔です。

帰り道、恥ずかしいふりをした彼女を説き伏せて、カメラでツーショット。誰が何と言おうと関係ありません。大切な友人とのツーショットですからね。また、次に会えるのはいつのことやら。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

友人はいつまでも友人」への7件のフィードバック

  1. こんにちは。
    Lavalette完成いたしました!!

    ちょくちょく、浮気編みしながらでしたが、無事仕上がりました。

    と言っても、編みあがったばかりで、水通しもまだですが。。。。

    とにかく、毛糸が気持ち良くて(何度も言ってますが・・・)色合いが
    素敵で、このシンプルなデザインが、この毛糸を引き立てていると思います。

    素敵な、毛糸とデザインに出会わせてくれたことに
    本当に、感謝します。

    ありがとうございました。

    ほかの、毛糸もながめながら、次に編むもの考えます。

    Citronも気になっていましたが、私には、ラブリーすぎるかも、、、

    おすすめの、デザインがあったら、また教えてくださいね。

    • すごい! もう完成したのですね。ぜひ、写真が見たいです。よろしかったらメールで送っていただけませんか? そうしたら、ブログで紹介させていただきます。
      あの、パターンはシンプルな割に使い勝手はいいですし、便利なんですよ。Citron あますぎますか?
      私が編んだ、長方形のショールなど、どうでしょう?

  2. よろこんで、コメントしたのもつかの間

    ちょっと小さかったかしら、と激しく悩んでいます。

    ブロッキングすれば、少しは大きくなるのかもしれませんが

    いまのままのサイズだと、使いにくい?

    ちなみに、底辺が、96センチで、高さが47センチくらい。
    (編みっぱなしで・・・・)

    悩んでいます。編みなおし?

    • だめだめ、。ブロックしてみてください。伸びますよ。
      私のショール、今、はかってみますね。
      底辺はえーと。1メートル30センチ。高さが60センチくらいはあります。
      水にしっかり浸して、揉んではだめですよ。毛糸が十分に水分を吸収するまで待って、乾いたタオルの上でしっかり形を整えてください。
      大きくなります。

  3. 喜んでコメントしたのもつかの間

    ちょっと小さいかも、、、と悩み中。

    ブロッキング前で、底辺で96センチ、頂点で47センチくらいです。

    使いにくい?編みなおし?

    と激しく、悩んでいます。

  4. コメント重なってすみませんでした。

    小学生の娘に出来上がりを見せたら、
    「それくらいで、いいんじゃない?」
    と言われました。
    (そう?とその気になる、単純な母です、、、)

    週末にも、ブロッキングしてみたいと思います。
    天気があやしいけど・・・

    写真送れたら、がんばります。
    私、ほんとうにPCが苦手なので、うまくできるかわかりませんが
    せっかく、糸も購入させていただいたので、
    ぜひ、お嫁にきた毛糸の完成した姿を
    見てほしいです。

    長方形のショール、実は、気になっていました(笑)

    春用に、綿の糸も編み始めたりしましたが
    やっぱり、毛糸が、気持ちいいです。

    ショールなら、まだ活躍しますもんね。

    • いいえ、どんどんコメント送ってくださいませ。楽しみです。
      子供の一言は結構親にとって重いんですよね。私は男の子2人ですから、「いいんじゃない?」とか「ふうん」という言葉くらいしかくれません。しかも遠くに住んでいますし。
      ショールは冷房のきついレストラン、電車の中など、いつも活躍する便利な代物(?)です。手放せませんよ。(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中