お嫁さんにショール

今日は甥っ子の結婚式でした。とっても素敵な結婚式で、最後に、新郎新婦が双方の両親に花束をプレゼントする時には私まで涙が出てしまいました。

この甥っ子はおしゃれな青年で、

「おばさん、ぼく、黒かグレーのスヌードがほしいんですけれど」と言ってくれるので、喜んでその昔、編みました。「ほしい」と言われたらすぐに編んでしまいますよね。

彼が選んだお嫁さんは明るそうで、ちょっときつそうで素敵な女性。とっても暖かい家庭で育てられてな、と感じられました。そう、その彼女に、素敵なショールを編んであげたい。きっと喜んでくれそう、と半分おしつけ? おせっかい? ま、あせらずゆっくりと考えながら編もうと思います。

もうすぐで長方形のショールができそうなので、それを何とかブロックして、いる間にもう一枚ショールを編みたいんです。無理かなぁ。予定を考えているとちょっと難しいかもしれないけれど、がんばろうっと。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

お嫁さんにショール」への2件のフィードバック

  1. 甥っ子さんはオシャレですね~。
    男性がオシャレなスヌードをしているスタイル、街でよく見かけました。
    男性が毛糸のマフラーやスヌードをしている姿って素敵ですよね。

    ウチの旦那にスヌードを見せて「こういうの編んだらしてくれる?」って聞いたら
    「いらん!」って言われました。ウチの旦那はスヌード、マフラー、スカーフなど、
    たとえそれが男性用でもちゃらちゃらしていると感じるようです。

    • そうなんです。彼はおしゃれですよ。色、そして糸の太さも指定してきますからね。
      coffeebeansさんのご主人、とっても日本男児なのでしょう。暖かいんですけれどねぇ。「おしゃれ」という感覚ではなくて「風邪をひかないような防寒具」というとらえ方をぜひ、してもらいましょうよ。(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中