ちょっと首まわりが寒い時に

ここのところ、何だか編み物中毒気味です。困っています。とは言いつつ、手は針を持っているんですよ。

つい、おとといおもしろがって編んでしまったものが、bandana cowl ショートロー(引き返し編みかな?)があるので、ためらいはありましたが、数年前に、ショートローを使ったものを編んだことがあるので. ま、大丈夫だろう、と始めたんです。

あはは、理解しているつもりなのに、ぼーっと編んでいると、さっき引き返したところを超えて編んでいたり、きちんと毛糸を目にまかなかったために穴があいたり、とさんざんでしたが、気を取り直してがんばりました。

でもね、毛糸の色が悪かったみたい。平面において写真を取ると、形のせいで下着のように見えるんですよ。下着のような写真、見たいですか?

ほら、伸びてしまった下着みたいでしょう?

使った毛糸はMalabrigo Worsted, 色はnatural です。とっても編みやすくてふんわりとしたでき上がりになりました。ただ、この色で表編みがドーンと出ると、目がすごく目立つんですよ。ところどころで目が不揃いなのがね〜。仕方がないかぁ。これが私の手編みなんですもの。愛おしいと思わなくちゃダメですよね。

そして、モデルさんがいないので、階段の手すりがモデルです。

ちょっとくしゃくしゃとすると、すてきに見えます。

この色なら何にでもあわせられるのでね、良いことにしましょう。

おもしろがって、もうひとつ編んだんですが、まだ写真を取っていません。

そうそう、忘れないうちに、 Malabrigo Worsted は並太位の太さで、ゲージが一般的には10センチ18目です。一玉で192メートル巻きですが、おそらく半分くらい使ったのではないでしょうか?

主人にこの間作ったフィンガーレスミットと同じ毛糸がまだ一玉あるので、それでこれを作っておソロにするのもおもしろいかも。といろいろ想像を巧ましているのでありました。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中