シカゴのカフェでボーイフレンドにマフラーを編む女の子

おいしいコーヒーを出すカフェでゆっくり編み物でもしようかしら、と入ったところ、若いお嬢さんがカウンターに座ってマフラーを編んでいました.

つい、「ステキな毛糸ね.それ、スカーフ?」と声をかけたところ、ニコニコしてみせてくれました.

「ボーイフレンドに編んでいるの」
「そろそろバレンタインデーですものね」
「18日が誕生日だから、両方のプレゼントかな」

段染めの毛糸なので色の出方がとてもステキ

「でもね、時間と気持ちが入りすぎているから、彼の反応がちょっと心配.重すぎるかもしれないよね.私のにしてしまおうかしら?」
24才の彼女らしいコメントですね.

両端がクルッとまき上がらないようにと考えたパターンだそうです.

編み物はおばあちゃんから教えてもらった、と言っていました.ひとしきり彼女の仕事、学校の話をしてから、

「明日も私は、ここに来るのよ.」と言ってくれましたが、私は次の日にはその地をあとにしなくてはならなかったので、
「また春になったら来るけれど、その時にもいるかしら?」と聞くと、
「多分いるわ.そうだ、名前を聞いていなかった、フェイスブックの友だちのようではなくて実際の人間同士でさよならしましょうよ」と彼女.

嬉しくなっってしまった私なのでした.旅先でも、編み物を通していろいろな出会いがあります.

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中