11ぴきのねこの町に行ってきました

最近の楽しみはもっぱら旅行です。いくつか目的を持って計画を立てます。

今回の旅行は青森県三戸町。そして見てきました。11匹のねこを書かれた馬場のぼるさんを紹介する11ぴきのねこの町並み。三戸駅は新幹線が止まらないので、八戸で新幹線を降り、青い森鉄道に乗り5つ目の駅です。

IMG_0164

私は期待に胸を躍らせて駅を降りました。しかし、なんの案内板もありません。さて、馬場のぼるさんの絵などが展示されているというアップルドームはどう行くか? 前もって一応位置関係は調べたものの不安。駅員さんに伺うと、バスに乗ってもいけるけれど待たなくてはいけないというので歩きました。約10分で到着。

街中にはこんな垂れ幕(?)がお店の中に張られていました。

IMG_0180

IMG_0178

その場所自体はちょっと期待はずれ。というのは町民の方々が使う体育館の一部に少しだけ馬場のぼるさんの絵本などが展示されているだけでした。

IMG_0187

しかし、子供達が遊ぶにはいいかも。絵本を読んで、その世界に入り込めます。


IMG_0188

なんか、ニャゴニャゴ言いながらねこたちが現れそうでしょ? ちょっとがっかりして出るときに係りの方が見せてくれたパンフレットに近くの道の駅に行くと絵本、グッズが買えるとか。慌てて外に出てタイミングよく来たタクシーに乗り込み、道の駅に行っていただきました。すると、いるではないですか。ほら、たい焼きをパクっ。

IMG_0209

道の駅さんのへです。さらにここのお店の方がこのようなねこたちがまちのあちらこちらにあるとか。ぜひ見たい!ということでここはまたタクシーの運転手さんにお願いして回っていただきました。その中の少しを紹介します。

IMG_0211

これは図書館の前。

IMG_0215

これは確か、町役場近く。なんと可愛い! ぜひ、見に行ってください。

タクシーの運転手さんに伺うと歩いて回る人、バスで回る人といろいろだそうです。私たちも歩いて回りたかったのですが、時間が2時間しかなかったのでタクシーをお願いしました。以外とあちらこちらに点在しているのですよ。

決して交通の便が良いところではないのでもちろん車が便利です。電車、バスを使う場合は前もって綿密に計画を立てないと長く電車を待たなくてはなりません。

そして、なぜ、三戸駅にもう少しこの11匹のねこの紹介がなかったか考えてみました。、三戸駅は南部町に位置しているそうです。そして、にゃごにゃごは三戸町にいます。だからかしら? でも、こんなに可愛いねこたちはもっとたくさんの子供たちに見てもらえたら嬉しいはずなのに。

たくさん写真を撮って道の駅でなんだかいろいろ買い込んでしまった楽しい数時間でした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

猫の乳がんを防ぐために

動物たちのガンも増えているそうです。特に猫の乳がんは発見されたときにはすでにとき遅しで肺に転移していることが多いとか。飼い主の人たちがその事実を知って前もって知識を持って検診を受けさせるとかするのがとても大事という話を聞きました。

また、このようなリボンを広めることで飼い主たちの意識を高めようという運動も始まっています。

IMG_5883

この写真ではよく見えませんが、リボンの真ん中が猫の肉球になっています。そして一番下に

「乳がんは、お家で見つける病気です」と書かれています。

手遅れになる前に防げたらどんなに良いでしょう。かわいいペットたちが苦しむ姿を見るのは辛いです。しかも彼らは話せないのですから。

どこで買えるかというとですね、うーん、良い質問です。ウェブサイトはここ。このサイトに行くとご近所の獣医さんが探せると思います。

https://www.catribbon.jp

私も獣医さんで見つけて買いましたから。どうぞ、この運動にご賛同ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

間違えちゃった!

ゴム編みをしているとだんだん眠くなってきてついつい間違えてしまうんです。あまり考える必要もなく編んでいるときってダメですね。

IMG_5866

この間違えが見事に目立つ! あぁ、めんどうくさいと思いながらもほどいて直しました。でも、ほどいてよかったんです。というのはこの辺りに他に3っつもまちがえがあったから。それもすべて表編みのところに裏編みをしていました。もう間違えないように編まなくては先に進めません。ブツブツ

IMG_5867

ほら、こんな感じに親指も離したところだったのに。眠かったのかテレビを見ていたのかわかりませんが間違えは間違え。やり直さないでおこうとごまかしても絶対後できになるのはわかっていますから。

考えてみれば人生でも同じことが言えますよね。何か、自分の心に引っかかっていることを忘れたふりをして毎日を送っていても、小さいトゲが刺さっているようで気になって気になって、ということありますもの。

やらなくてはいけないこととかも同じ。「やらなくちゃ」「明日やろう」がだんだんに「いいや」になってそれが気になっているうちはいいけれど、慣れっこになって気にならなくなったら「いい加減」な人になってしまうので要注意。「人には迷惑かけてないから」と思っているのは実は自分だけでそのしわ寄せの波を受けている人がいるかもしれないし。

ま、気になることがあったらさっさと済ますことですね。めんどうくさい気はしても、終えてしまえばスッキリします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

子供のベスト

ちょっと寒いときに欲しいなと思うのがベスト。脱ぎ着せが楽であるし、かさばらないところが好き、ということで前にも何枚も編みました。そして、今回は私の好きな色で編んだのでご紹介します。

IMG_5752

パターンの名前はIn-Threes かな? 首周りから編み始めます。大急ぎで完成したかったのでボタンを買いにいく時間がなく、家にあったものですませてしまいました。

実は同じ毛糸で数日前に編んだのですがサイズが小さすぎて編みなおしたのでした。

ここのところ小さいものばかり編んでいるので手が小さいものに慣れてしまい大人サイズが編めるかと不安になっています。毛糸を先日買ってきたのでセーターを編みたくてウズウズしているのです。でも、孫やら甥っ子や姪っ子の子供達に編むものが多くてなかなかそちらに手が回りません。ま、それはそれでいいのですが。

手作りを喜んでくれるのはとても嬉しいです。

「ユニクロとかに行けばなんでも安く買えるから私が作ったものなんて喜んでくれない」という声はよく聞きますよね。確かにそうなのですよ。でも値段の問題ではないと思いたい。どこの誰か知らない人やら機械が作ったものよりも愛情がこもったものを嬉しいと思える気持ちを持てたらいいですよね。

ちょっと街に行けばなんでも手に入り、しかも廉価でいろいろなものを購入できる現在は幸せです。でも、あまりに豊富すぎて本当に良いものとか価値のあるものが見えなくなっているきがしませんか?

例えば、廉価なものはなぜ廉価なのかを考えてみたことありますか? ものを作るときには材料を買い、製造加工し、流通し、販売しますよね。販売だって店舗販売なら家賃、光熱費、人件費と費用はかかります。それらの費用を差し引いても利益が出なかったら商売にならないわけですからどうしてこの価格にできるわけ? という疑問が出て当然です。

賃金の安い外国で大量に作っているのか、どこかに支払うお金を徹底的に抑えているのかも。ということはそこで関わっている人たちはいただくべきお金もいただけていない可能性があります。一体どういう仕組みでこの価格? と買う、買わないに関わらず考えてみてください。「買う」側ではなくて「売る」側の立場と両方あるわけですからね。

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

転んだ時のために編み込みの帽子

あけましておめでとうございます。時が経つのがどんどん早くなっていくような気がするのはそれだけ歳をとったせいでしょうか? そうはいっても走り続けないと、止まってしまうとまた走り始められないような気がして、それが怖くて走っています。いえ、実際に走っているわけではなくていろいろなことをがんばる、という意味で。

編み込みの帽子を編み終わりました。糸のチョイスがあまり良くなかったのが残念。濃い色はMadelinetosh DK そして、グレーが昔からある糸なので名前は不明。この糸はおそらくウールではありません。カシミア、アルパカ、そんなところでしょうか? というのは伸縮性に欠けているんです。だから編んでいて「編み直そうか」「これではかぶった時の柔らかさに欠けるのではないか」と悩みましたが、とりあえず完成。

サイズは子供用。転んでも編み込みにしておけば頭にかかるショックが少なくてすむかしらとこのパターンを選びました。パターンの名前はHerringbone Hat by Anne Mizoguchi フリーパターンですよ。逃す手はありません。

IMG_5856

そして裏側は

IMG_5857

がんばりました。裏にもきれいに模様が出ているでしょう?このように伸縮性がない糸はブロックしてもあまりサイズに変化はありませんがとりあえずぬるま湯につけて乾かしました。明日、郵便で友人に送ります。最近編んだものは殆ど手元に残しません。

今年もまだまだ編んでいきます。でも、それだけではなくてちょっと考えていることなどもポストしていこうと思うんです。だって、日本が心配だから。21年ぶりにアメリカから戻って日本の変動ぶりに大ショック。カルチャーショック、というよりも「大丈夫?」感が強いんです。だから、それも書いていこうかなと。

今年もよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

紡いだ糸で編んだボレロ

冬が長いシアトルで、春が待ちきれずに買った太陽のような色のファイバーを紡ぎました。

IMG_3667

これを幾つかに分けて紡ぐためにまず、重さを計ります。

IMG_3668

そして、紡いで、撚って出来上がった糸で編んだボレロがこれ。

IMG_3670

糸はPolwarth & silk で、友人が染めているので出来上がりもまちまち。そこがいいところなのですよ。

単色ではなくて微妙に色が変わるのが私は好きなんです。

せっかくだからと可愛らしいボタンを買ってつけました。

IMG_3676

このbraids (ファイバーをこのような形にして売っているものをこう呼びます)は2つありました。一つが4oz、約110g。だからまだ糸が残っていたのでショールも編みました。今、ブロッキング中なので写真はまたあとで。

自分の指先が色々なものを作り出していくのは本当に楽しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

残り毛糸で小さいものを編みました

私は今までお人形の洋服など作ったことがありません。編みぐるみもなし。小さいものを作ることは苦手なんです。

まず、手始めにオーバーオールのスカートを作ってみました。これです。

IMG_3721

プリーツの出方が気に入っています。でも、ストラップを編むのは面倒くさく、さらに、ボタンを縫い付けるのも得意ではないんです。ボタン付けは避けて通りたいというところが正直なところ。でも、ボタンを選ぶのは楽しかったですよ。

IMG_3724

裾が丸まってしまうのでピコエッジングにしましたがそれでも丸まってしまいました。さぁ、どうしましょう?
そこでガーター編みを裾につけたのがこれです。

IMG_3722

サイズが分かりませんよね。すべて長さが20センチくらいです。残ってしまった糸を支えたのでそれは嬉しかったですが、もう一度編むとなると躊躇します。

IMG_3725 ボタンが気に入っています。

3歳の孫娘が持っているお人形の洋服です。手作りの洋服などあまりないかもしれませんが、たまにはこういうものも良いのではないかと思います。あとは、サイズが合うことだけを願います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村