あら、可愛い、フィンガレスミトン

ものにあふれている日本ですから何も自分で作ることはないのかもしれません。

テレビ、パソコンのスクリーンで満載の「面倒臭くない」「簡単」「楽」を求める文化にはあわなさそうと思いながらも、私は自分の手でものを作ることが大好きなものですから、また、フィンガレスミトンを編み始めました。

毛糸は数日前に書いたSpincycle のDyed in the Wool。手で染めている糸なので、どのように色が出るかはなかなか予測できません。同じ色、同じロット番号の毛糸を選んでも、カセの編み始める場所によっては編みあがった色は合いません。特にソックスとか、手袋のようにペアで編まなくてはならないものに使うときは気をつけることが大切。

少々色が異なっていても気にならない私のような人間はこんな糸で何を作ろうとも大丈夫ですが、右も左が完璧に同じ色で揃わないと嫌な方にはあまりお勧めできません。

だって、ほら

img_7474

同じ糸で編み始めたのにこんなに違うんですよ。でも、これがおもしろい。これからどうなっていくか楽しみで。

編み進んだらまた写真を載せますね。色が変わっていくので模様は入れません。シンプルなメリヤス編みで編んでも素敵なフィンガレスに編み上がること間違いなし!

広告

この糸は何を編もうとしたのか?

出てきた編み物バッグ。中には巻いた糸が2玉。いったい何を編もうとしてこれをボールにしたのかわかりません。

img_7473

糸はSpincycleの Dyed in the Wool. ちゃんとそこの袋に入っていました。Spincycle はシアトルのちょっと北、Bellingham という街に拠点を置いている毛糸を染める工房です。最初はファーマーズマーケットで売っていたそうですが、人気が出てきてRachael, Kate という二人が始めたショップなんです。

何度か遊びに行ったことがあります。今では数人スタッフを増やして糸を染めたり、紡いだりしています。人気が高いので二人ではとても手に負えなくなったのですって。

img_7471

ちょっと価格がはる糸ですが、この糸で編むとできあがったものは本当にきれいに色が移り変わっていくのですよ。

それはそうとして、さて、何を作るつもりだったのか? 自分でしたことなのにとんと記憶がございません。はてさて何を考えていたのやら。Rachael に聞いたらわかるかしら?

さて、ショールを乾かしています

昨日書いた、辛子色のショールをさっきぬるま湯につけて今、乾かしています。写真を撮りましたが、太陽がさして来ているもので、こんな写真になってしまいました。

img_7458

これでは良くないと、一部だけの写真はこちらです。パターンは私が良く作る、Joji Locatelli のImagine When。なかなか首回りの収まりも良く、サイズも大きからず小からず、使い勝手がよいのです。糸はWollemise のPureを使っています。このショールは500ヤード(約450メートル)必要なので、この毛糸だと途中で糸をつぐことなく編めます。

img_7459

ショートローを使っているのでこんな感じにできあがります。乾いたら、これが差し上げる方に似合うかどうか悩みます。同時に、ソックスも作っているので(本当はソックス希望なのですよ。ただ、ソックスの進行があまり良くないので、ショールはどうかしら? というのはあまりに勝手な発想ですね。)

img_7460

これをがんばるかな。写真で見るよりも、モネの色調の糸です。編み心地も良いし、いい毛糸です。確か、これはこの1カセしかなかったように記憶しています。自分のソックスも編みたいけれど、それはあきらめます。

黒いカウルはうーん。

カウルをプレゼントするのに、何色が好きか聞いたらグレー、黒が良いと言われました。たまたま黒のカウルを編み終えてそのまましまってあったのがあるのでそれにしようかしら、と思いつき、出してみたところ、黒いカウルというのは糸、パターンによってはお葬式を連想させてしまうことに気がつきました。

もっとも、私の考えすぎかもしれませんが、ためらいもあり、これはやめ。ということで別の糸を巻かなくてはならないんですよ。でも、巻く機械をつけられる机がなくてさぁ、どうしよう。横着せずに手で巻きますかねぇ。

と思い悩んでいたところ(?)でまた、思い出したのが別の辛子色のショール。これは編んで、ブロックしなくてはと思いながらもいつもの怠け癖が出てそのままになっているもの。辛子色は私好みの色とはいえ、その方が好きかどうかはわからない。。。 とても小柄な素敵な女性なので何色でも似合いそうなのですが、好みでないと逆に押し付けになりかねないし。。

いや、思い切って差し上げてみようかしら。明日ブロックしようっと。お天気も良いみたいだから寒いといはいえ乾くだろうし。

あ、ブロックするピン、どこに入っているだろう? やっぱり毛糸の箱はあけてちゃんとどこに何が入っているかを把握しないといけませんね。できたら、ショールの写真を明日、撮ります。

また、ソックスを編みます

img_7457

 

巻いてある糸でソックスを編みます。この糸はラベルが可愛らしいだけではなく、カシミアブレンドのソックス用の糸なんです。手洗いをしなくてはならないのが面倒くさいと思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、お風呂に入った時にこちょこちょと洗えば良いだけの話。後は広げて干すだけですからね。

糸が入った箱たちはまだ開けていないのですよ。開けてしまったらあれもこれもと収拾がつかなくなるのは目に見えています。しかし、そろそろ箱を開けてその中の糸たちにきちんと呼吸をさせてあげなくては。

編みだす前にこれは2つのボールに分けて、やはり一度に右と左と編んでしまおうと思います。パターンはどれにしましょうね。糸が段染めなので編み目はそれほどはっきりと見えるとは思えないのでシンプルで、でも飽きないようなパターンにしようと思います。

針は細めのものを使おうと思っています。ゆるゆるになるのもイヤですから。アメリカの0号。2ミリの針で編んでみます。普段は1号が好きなのですが、時々ゆるすぎるかなと思ったこともありますので。

ソックスは毎日取り替えたいので、何足あっても良いもの、と私は思うんです。外出する時は靴のサイズに合わなくなることもあるので難しいですが、お家の中ではやはり手編みのソックスが好きです。

寒いのは嫌い。でもショールが巻ける。

今日は北風がピューピュー吹いて寒い1日となりました。私はこういう日がそれほど嫌いではありません。どのショールを巻こうかしらと楽しみがあるからです。

とにかくたくさんショールを作りましたからよりどり好みなんです。とは言うものの、やはりお気に入りというものはあるものでついついそれらのショールの出番が増えていくんですよね。

古さ、新しさはあまり関係しません。今日巻いていたのはCitron もう10年近くも前に編んだものではないでしょうか? でも、色も好きだしサイズもフリルの部分が襟元からチラッと見えるのはかわいらしいし(そういう年齢ではありませんが)登板する機会に恵まれています。

編んでいる時は大好きでもなかなか現れないショールたちはかわいそうなので、なんとかしなくてはならないと思っています。嫌いというわけではないんですよ。ただ、他のショールの後ろに隠れて影が薄くなっているだけ。それに、箱の下の方にしまわれていると忘れてしまうこともありますしね。一度、上から下への移動を行わなくてはならないかも。

そう、どんなに北風の寒い日でも手編みのショールでぜひぜひ楽しんでください。寒い冬があるから暖かい春のありがたさを感じられるのですから。

何かを作る楽しみは大切に

旅行すること、美味しいものを食べること、素敵な洋服を買うことなど人生、楽しいことはたくさんありますが、そうはいっても格別なことは何かを作ること。

何かを作るとそのプロセスを楽しめます。そしてまた、できあがったものを見たり、使ったり、身につけたりという楽しみもありますよね。もし、どなたかが「それいいわね。私にも作ってくれない?」とか「いいなぁ、私も欲しいわ」と心から言ってくれたらもっともっと楽しい。

押し付けになるのは困るし、かといってあまりずうずうしいお願いにはお答えできないのでそのあたりのバランスがむずかしいですね。でも、自分が作ってよかったもの、便利なものは友人たちにも使ってもらいたいと思うのは人の心。これは変えられません。

美味しい料理を作った時に誰かに「おいしいわぁ〜」といわれたら作った甲斐もあるというものですよね。音楽を聴いた時も、絵を見た時も、本を読んだ時の感動も同じ。だって、どなたかが楽器を弾いたり筆を持たなかったらそういうものは実在しないわけですから。

上手、下手に関わらず、自分が好きで何かを作り出すことができるということはすごい。そう思いませんか? もしかしたら自己満足かもしれません。でも、いいじゃないですか。自分が楽しくやっているのですから。あ、ほかの人に迷惑はいけません。グレーゾーンでもありますがね。

何か始めたい、やってみたいという方、ぜひ、勇気を出して何かを試してみてください。あまり自分の好みに合わないとか、性格上ムリかな、と思ったら別のものを探せばいいですからね。